TOPICS

小柳会計事務所は税理士業務のプロフェッショナル、認定支援機関として首都圏全域にご対応いたしております。

今年も残すところあとわずかとなりました。
慌ただしい季節ですが、お変わりありませんか?

『金融機関から事業計画書を提出してほしい』と言われたけど、どうしたらいいの?とお困りではありませんか。
金融機関との融資交渉では、『口頭』よりも『書面』が重要視されます。
経営者から渉外担当者(行員)にどんなに良い事を伝えたとしても、融資の決定権者は、その金融機関の支店長もしくは本部です。
そのため、貴社の現状や課題に対する改善策や、貴社のアピールポイント、資金使途などは、書面にて渉外担当者(行員)への提出が必要となります。

小柳会計事務所では、事業計画書に代表される資金調達サポート業務を行っております。
お客様が融資を受ける際に必要な書類作成のサポートを始め、金融機関のご担当者様との面談へ同行することや、その他お客様が不安や煩雑に感じられる業務を親身になってサポートいたします。
た補助金の活用や借入のタイミングなど資金繰りに関するご相談を総合的に承っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事一覧